作ったニコマス動画の説明とか、気が向いた時に更新するブログ。当ブログはリンクフリーですのでご自由にリンクしてください。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

如月千早 BLUE

お久しぶりです。やっと新作を作ることができました。



今回は「the Indigo」(読みは「インディゴ」)のデビュー曲「BLUE」という曲を選びました。
動画のコメントにも書きましたが、このバンドのボーカル(田岡美樹)の声のイメージが千早とあっていることと、「BLUE」という曲名のイメージで千早にしました。

今まで何に対してもぬるく生きてきた俺ですが、このアーティストはずいぶん追いかけました。
人生で一番暇だった2001年は、関東でやったライブ全部行きました。それくらい好きなバンドなので、これからもthe Indigoの楽曲で動画を作って行きたいと思っています。

動画のコメントでアニメのEDテーマを歌っていると書いたのですが、詳しく説明しようと思います。

「魔法使いに大切なこと」では「といかけ」「UNDER THE BLUE SKY」(両曲ともシングル)を歌いました。「UNDER THE BLUE SKY」のPVでは宮崎あおいちゃんも出演しています。

「藍より青し」では「名も知れぬ花」(アルバム「Indigo suite Best Indigo Music」)
「I do」「Presence」(シングル「I do」)

「アニマル横丁」では「ファンタジスタ☆ガール」(シングル)

を歌っています。それぞれインディゴのオフィシャルページの「Discography」で視聴できますのでよろしかったら聞いてみてください。

動画についてですが、単純というか歌詞になぞった形で動画を作っていきました。
あと、この曲のPVがたしか晴れた日の屋上でわいわいやっていた記憶があるので屋上の背景を入れて、「BLUE」ってことで空と自然を取り入れて見ました。そして、曲中に3回ある「ジャッジャーン」のとこでの振り向きはインパクトがあるように狙ってみました(17秒、1:10、1:40付近)
サビの「BLUE~、BLUE~♪」という繰り返しのところも狙ってみました。上手くいってたでしょうか?

作者コメにも書きましたが、改めて、素材を提供してくださった皆様・アドバイスを下さった皆様に感謝いたします。

以下反省です
この曲はステージで歌っている姿が想像できなかったので、抜きにしようかと構想段階から思っていました。ただ、いざ作ってみると無謀なことをしたもんだと思い知らされました。

まず、動画編集ソフトはVS12なのですが、VSのクロマキーは使えないということで、nukim@asを使用しました。しかし!なぜか1280*720の抜き素材をどう処理しても受け付けてくれませんでした。
このサイズならば完璧に抜けるのですが、どうしようも無かったので、720*408で抜きました。
結果このサイズでは受け付けてくれましたが、映りこみがどうしても消えませんでした。
サイズを小さくするだけで受け付けてくれるのなら、抜いてからリサイズもあると思うのですが、「アルファチャンネルを保持したままリサイズする方法」が分からずじまいだったので、どうしようもありませんでした_| ̄|○
もし、↑ができる「フリーソフト」をご存知の方は紹介していただきたいと思います。

あと、VSは3Dに対応していないので、背景の実写絵に馴染んだのだろうかと疑問に思ってしまいます。抜き動画で千早が動くorカメラが動くところはパン&ズームの機能を使いましたが上手くいったかどうか、あと背景や動画自体の加工なんかもいろいろできたんじゃないかと思いました。

次に気になることは、イントロでのリップ。
借り物Pなので致し方ないような気がしますが、リクエストの時点でOFFボーカルの素材もリクエストするべきだったのかなと思います。ただ、そうするとあまりにもリクエストする素材は多くなりますが・・・。
その話の繋がりで、サビの57秒付近「why? why?」の歌詞のところの振り付けにものすごく納得が行かなかったこと。素材をリクエストする前に、適当な素材でダンスの構成・仮組みもやっておく必要があると思い知らされました。

上げればきりが無いですが、今回の大きな問題点はこれらに絞られました。
次回作に生かしていければと思います。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://yayoyayop.blog77.fc2.com/tb.php/10-547c99d6
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。